So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

6/11昇る時~那珂川水系~ [那珂川水系]

DSC06128.JPG

昨晩、一時的に雨が強く降ったが水位は大して上がらなかった。

状況はいつも通りといったところだが、日が昇り切ったところでようやくヒット。

32㎝の戻りヤマメ。

サイズは小さいものの、活性が良かったのかフロントフックをガッツリとくわえ、ファイトを十分楽しませてくれた。

DSC06138.JPG

リリースして数投すると今度は50ちょいのニゴイ。

その後、鮎師も多くなってきたのでここで納竿。

DSC06100.JPG

川辺は羽化した昆虫であふれている。

季節の変化を見られるのも釣りの楽しみである。

共通テーマ:趣味・カルチャー

5/27遡る時~那珂川水系~ [那珂川水系]

DSC06066.JPG

昨晩から雨は降っているものの朝の時点では水位に変化はなかった。

ポイントに到着すると思っていた以上に濁りが強い。

少し上の支流が大分濁っていたようだ。

ルアーが視認できるのは表層から見て30cm程度。

魚のすぐそばを通さないとルアーは視界に入らない。

ファーストアプローチ。

立ち位置と流すラインを考える。

1投目、流れの一番きつい所、2秒待たずにヒット。

遡上するタイミングで目の前にルアーが現れた格好になったのだろう。

サイズは前回と同様、尺程度。

予定があるため早朝のみ、この1尾で納竿。

これから梅雨に入ってまとまった雨が降れば状況は上向くだろう。

DSC06057.JPG

5/13戻りヤマメ~那珂川水系~ [那珂川水系]

DSC06035.JPG

この時期は田植えのため取水量が多く、例年通り渇水していた。

しかし、昨晩からの弱雨で少しだけ条件が上向くように思え、早朝から竿を振った。

水位は上がっていないが、マスの跳ねも見えて活性は良さそうだ。

1投して数歩下がり、また投げるを繰り返していると手前のかけ上がりでヒットした。

サイズは30.5cmと小さいが、魚の反応があったことは嬉しい。

このまま1日通せば、追加出来るかもしれないが都合もあって朝の内に切り上げた。

DSC06046.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

3/12マブナ釣り [茨城県]

DSC05954.JPG

3月に入ると厳しい寒さが和らぎ、少しずつ暖かい日が続くようになってきた。

これからの時期はコイ科の魚は乗っ込みに入り、春の訪れとともに小川や野池は騒がしくなる。

IMG_20170312_151322.jpg

この日は茨城の人気ポイントで竿を出した。

何組か大会を開いていたようで、到着した12時ごろにはホソの周りは釣り人で埋まっていた。

そのため、空いているポイントをランガンしながら探っていった。

IMG_20170312_162729.jpgDSC05963.JPG

ホソの端の方はあまり攻めらていなかったようで、2時間で60匹程度の釣果があった。

風も弱く、暖かい日差しの下で気持ち良く釣りが出来た1日だった。

共通テーマ:趣味・カルチャー

2/11東京湾ボートシーバス [神奈川県]

DSC05933.JPG

毎年恒例で1月に東京湾のボートシーバスを楽しんでいたが、今年は悪天候で出船出来なかった。

そこで改めてスケジュールを合わせて行って来た。

1日ジギングで通したが数釣りは楽しめた。

DSC05931.JPG

3人での釣行で全員が二桁釣果。

時期もあってサイズは出せなかったが、風・波ともに穏やかで良い釣り日和となった。

共通テーマ:趣味・カルチャー

1/3 2017年初釣り [茨城県]

DSC05877.JPG

2017年、初釣りは茨城のサーフへ。

ここ数年のヒラメブームは凄いようで、それほどメジャーポイントでは無いにも関わらず釣人が砂浜にずらりと並んだ。

DSC05878.JPG

波は穏やかで、濁りも無い。

鵜も所々飛んできて雰囲気は良い。

そんな中・・・今年の一匹目は・・・ソゲ・・・

残念ながら良型はヒットしなかったが、魚の反応があったのは有難い。

ショウジンガニ.JPG

朝日が昇ったところで風が強くなってきた。

サーフは見切りをつけ、近くの漁港へ穴釣りへ。

テトラの隙間にブラクリを落とすとショウジンガニが良く釣れた。

水温はまだ高いようでフグの猛攻もあった。

DSC05892.JPGDSC05891.JPGDSC05895.JPGドンコ.JPG

ドンコだけ持ち帰り、煮つけにして食べた。

初めて食べたが柔らかい肉質で、癖がなくとても美味しい。

今度はドンコ汁など他の料理で食べてみようと思う。

共通テーマ:趣味・カルチャー

11/27第1回KFCカップ~in那須白河フォレストスプリングス~ [福島県]

1480511534949.jpg

KFCメンバーで5人以上が集まるのは今回が初めて。

KFC= 黒磯フィッシングクラブの略称でケンタッキー・フライド・〇〇〇では無い。。。

みんなスタイルがバラバラなので、これまで集まる機会を作れずにいた。

今回は、管理釣り場であれば集まりやすいであろうと那須白河フォレストスプリングスへ足を運んだ。

DSC05834.JPG

ただ集まるだけではつまらないと考え、優勝カップを作って臨んだ。

ルールは魚種を問わず最長サイズを釣った人が優勝。

私自身、10年近く管釣りに行っておらずどれくらい釣れるか心配だったが、その心配はすぐに払拭された。

DSC05821.JPG


12:00~釣りを開始したが、すぐに全員が魚をキャッチ出来た。

ミノーへの反応も良く、コンディションは抜群だ。

蓋を開ければ、全員が2桁釣果で終えられた。

DSC05846.JPGDSC05851.JPG

久しぶりの管釣りだったがみんな満足して竿を振るうことが出来た。

ロケーションはもちろん、売店やレストランなどの施設も充実していて申し分ない。

この調子だと第2回KFCカップも管釣りになりそうだ。

DSC05852.JPG

釣った魚は居酒屋さんで捌いてもらい、刺身やちゃんちゃん焼き、グラタンにしてもらった。

魚の状態は大変良く、美味しく食べられた。

DSC05860 (2).JPGDSC05862 (2).JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

11/13牡鹿半島~ロックフィッシュ~ [宮城県]

DSC05767.JPG

大型ロックフィッシュを狙いに牡鹿半島へ。

沖は少しうねりがあるようで、ポイントを選べば出船できる状態。

船長の判断で入れるポイントを選んで攻めて行った。

①.JPG

若干、濁りがあるため全体としては反応が鈍いもののコンスタントに釣り上がる。

根に潜るパワーは強烈でアイナメ特有の力強いファイトを堪能出来た。

DSC05709.JPG

この時期のオスは黄金に体色を変え、より美しくなる。

ファイトだけではなく、見た目でも楽しませてくれる。

DSC05736.JPGDSC05771.JPG

牡鹿半島の島々が紅葉で赤く染まり、秋が深まっていくのが分かる。

最高のロケーションで釣りが出来るのは本当に幸せなことだと思う。

今回、乗船した船の船長は若いながらも細かなところまで気を配ってくれる親切な人だった。

日本各地、色々な船長に会って来たが、ここまで気づかったサービスを受けたのは初めてだ。

恐らく、この地域のガイド船として未来を背負って立つ人材なのだろう。

次回も来ることが出来たら是非乗せてもらおうと思う。

DSC05774.JPG

アイナメは煮つけも旨いが刺身も旨い。

日本酒との相性は抜群だ。

自然の恵みに感謝しつつ、これからも竿を振り続けたい。

DSC05797.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

10/29ヒラツメガニ釣り [茨城県]

IMG_20161029_060732.jpg

この日は、友人と茨城のサーフへ向かった。

狙いはヒラメ。

しかし強風・波浪・高波注意報の中、竿を振るうものの反応は無い。

そこでヒラツメガニ釣りに変更。

DSC05669.JPG


カニ網にアジのブツ切りを付け、海へ投入。

間もなくすると、網に引っ掛かったカニが釣り上がった。

DSC05662.JPGDSC05683.JPG

20匹程度釣ったところで納竿。

近くのステーキハウスで昼食を取って帰路に着いた。

DSC05688.JPG

ヒラツメガニは素揚げとみそ汁にしたが、熱燗との相性はとても良かった。

DSC05696.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

10/10カジカ釣り~那珂川水系~ [那珂川水系]

DSC05568.JPG

急遽予定が空いたので近くの川にカジカ釣りへ。

山頂付近から徐々に紅葉が始まり、いよいよ秋が深まっていくのを感じた。

川の水もひんやりと冷たく、1時間も浸かっていると少しずつ体温が奪われていった。

DSC05602.JPG

道具はいつも通り。

小物竿、箱メガネ、ガン玉、塩を振ったイクラ、針は4号から始めた。

魚の反応はとても良く、1カ所で10匹ぐらいストックしている石もあった。

DSC05594.JPG

カジカがイクラを銜えるとエキスが水中に広がり、その匂いに誘われ他のカジカが集まってくる。

我先にイクラに食いつくところは見ていて面白い。

また性格は獰猛で針掛かりしてバラしても、すぐにエサを追いかけてくる。

こうした反応は他の魚では余り見られない。

海にいるカジカもそうだが、バラしてもすぐ釣れることがある。

この種は全般的に恐怖を感じにくいのかもしれない。


今日の移動距離は50m程度。60~70匹釣ったところで納竿。

当たりは絶えなかったが十分に楽しませてもらったので早目に帰路に着いた。

共通テーマ:趣味・カルチャー

9/24いつの間にか [福島県]

DSC05427.JPG

いつの間にかトラウトシーズンも残り僅か。

地元の河川は禁漁期間に入ってしまったため福島の渓流を訪れた。

DSC05455.JPG

1か月振りの渓流だが、前回とは違いセミの鳴き声はもう聞こえない。

水の冷たさが夏は既に過ぎたことを教えてくれた。

DSC05456.JPG

この時期、産卵を控えた渓魚は最も美しくなる。

その婚姻色で染まった魚体を見るために竿を振った。

DSC05476.JPGDSC05515.JPG

この川は2年振りに歩くが、水量が多く予想以上に遡行に時間がかかった。

長期間に渡り雨が降り続いたため、山の保水量が多くいくつもの場所で流れが重なっていた。

DSC05491.JPGDSC05502.JPG

猪の足跡が数カ所で見つかった。

熊と猪の棲み分けが出来ている地域かと思ったが、ここ数年の変化で猪の生息域が拡大しているのだろう。

DSC05526.JPG

猿の食べた形跡だろうか。

中身の無い蟹とドングリが落ちていた。

DSC05532.JPG

2年前の曖昧な記憶のせいか流れが変わり違う川を歩いているかと思った。

大雨で渓相が変わったのも一因だろうが。

DSC05539.JPG

解禁から禁漁まで、始まればあっという間、終わってもあっという間。

いつの間にかシーズンが訪れ、終わり、また訪れる。

気がつけばいつの間にか時間は過ぎ去っていく。

共通テーマ:趣味・カルチャー

8/27雨の日の流れ [福島県]

DSC05377.JPG

連日の雨で予定していた水系の河川は濁流と化していた。

釣りを断念するべきか考えながら移動していると、さほど濁りの強くない川を発見。

いつもは細い流れで釣り上がることはしなかったが、このまま帰るのももったいなので入渓することに。

DSC05305.JPG

二人りで釣り上がったが程よい間隔で魚の反応があった。

水位が上がり、魚の活動範囲が広がったようで活き活きとルアーを追いかけてくる。

DSC05347.JPGDSC05322.JPG
DSC05365.JPG

暫くしても雨は止まないため途中で見切りを付け退渓。

帰り道にあった食堂で腹を満たし、この日は早めに帰路に着いた。
DSC05383.JPGDSC05386.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

8/17源流釣行~那珂川水系~ [那珂川水系]

DSC05196.JPG

今年初めての源流釣行。

日照りが続き渇水していたが、昨晩から今朝にかけて台風による雨で大きく増水した。

ほとんどの流域で濁流となっていたが、源流域はすぐに水が引くだろうと考え午後から入渓した。

予想通り濁りは無く水量も若干多いくらい。

DSC05204.JPGDSC05224.JPGDSC05231.JPG

刻みよくヒットはするものの思っていた程は反応が無い。

増水で活性が上がっているかと思ったが、渇水時とあまり変わらないように感じた。

DSC05250.JPGDSC05253.JPG

今日は山の恵みを少しだけ持ち帰った。

その土地の命を肴にその土地の酒を飲む。

何とも言えない至福の時間。

自然への感謝の気持ちが静かに湧いてくる。

DSC05287.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

7/13与那国島釣行 その3 [沖縄県]

1469195846867.jpg

いよいよ釣行最終日。

明日は午前の便で島を発たなければならない。

しかし、ここまで来たのだからどうしても海に出たい。

その一心で出船してくれる船を見つけた。

ただ、波が高すぎて沖には出られないため島の近くで竿を出すことになった。

DSC04629.JPGDSC04699.JPGDSC04606.JPG
【タテシマフエフキ】

最初に顔を出してくれたのはタテシマフエフキ。

この日はタテシマフエフキが良く釣れ10数匹釣れた。

DSC04613.JPG
【アモンガラ】
DSC04653.JPG
【メガネハギ】
DSC04647.JPG
【ヤセアマダイ】

波が高いだけではなく、潮の流れも速く釣り辛い状況が続く。

水深は20m~50mを探ったが120号の重りでも底が取れない状況。

元々、こういう釣りをするためのタックルは持って来て無かったため苦戦したが、取れる当たりだけでも拾えるように集中した。

タテシマフエフキの他はエサ取りの当たりが多く、アモンガラやメガネハギ、ヤセアマダイ等が釣れた。

DSC04691.JPGDSC04667.JPGDSC04680.JPG
【シロダイ】

時間が経つにつれ潮が穏やかになってきた所でシロダイがヒット。

水深50mからの手巻きなので、十分に引きを楽しむことが出来た。

DSC04742.JPGDSC04764.JPGDSC04766.JPG
【シロブチハタ】

今日は波と風、そして速い潮流で難しい釣りだったが楽しく過ごすことが出来た。

船長は『釣らせてあげられなくてごめんね』としきり言っていたが、この状況で出船してくれたこと自体を有難く思う。いつもの与那国の海はこんなものではないから余計にそう言ったのだろうが。

中々、ここまで来ることは出来ないが次回こそはカジキマグロを釣りたいと思う。

DSC04814.JPGDSC04805.JPGDSC04808.JPG

船を降り、宿で夕食を食べた後、近くの砂浜へ。

何処に行っても海は美しく、夕日に照らされた海面はより一層美しく見えた。

世界の広さから見れば日本の国土は小さいかもしれないが、北海道から沖縄まで様々な景色の中で多種多様な魚に出会うことが出来る。

これからも未だ見ぬ魚に想いを馳せ、竿を振り続けたいと思う。

DSC04823.JPGDSC04825.JPGDSC04827.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

7/12与那国島釣行 その2 [沖縄県]

DSC04539.JPG

今日も海は時化てしまい出船出来ない。

どうしようか困っていたが、カヤックを貸してくれる親切な方に遭遇。

2台お借りして、サンゴ礁に囲まれた沖堤防までカヤックを漕いだ。

沖は波が高いが、この場所は入り組んだ地形であることと、数百メートル先がブレイクになっていてそこで波が打ち消されていた。

通常よりは大分波があるようだが、釣りは出来た。

DSC04504.JPGDSC04560.JPG

南国の海らしくカラフルな魚たちが目視で確認出来た。

エサを入れると四方八方から魚が飛びついてくる。

こういう釣りをするための道具は用意していなかったため、あるもので対応した。

きちんと準備して臨めばもっと沢山の魚が釣れただろうが、この状況の中では十分に楽しませてくれた。

①.JPG
【セナスジベラ】
②.JPG
【キヌベラ】
③.JPG
【クマドリ】
④.JPG
【ロクセンスズメダイ】
⑤.JPG
【シマスズメダイ】
⑥.JPG
【メギス】
⑦.JPG
【ヒメフエダイ】
⑧.JPG
【ノコギリダイ】
⑨.JPG
【ミナミイスズミ】
⑩.JPG
【オグロトラギス】
IMG_20160712_100317.jpg
【カンモンハタ】

魚類図鑑を持参したが、この時はほとんど判別がつかなかった。

雰囲気で食べれそうな魚だけを持ち帰り、居酒屋さんで調理してもらった。

IMG_20160712_202858.jpg

その土地で育った魚をあてにその土地の酒を飲む。

これは何処に行っても最高の食べ合わせ。

オリオンビールと泡盛を飲んだ後、近くの川へ。

エサは商店で売っているソーセージを使ったが、投入するとすぐに釣れた。

ずっと釣れ続けそうな感じだったが、翌日のことを考えて数匹釣ってこの日は納竿。

DSC04581.JPGDSC04582.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー
前の15件 | -