So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

秋を追いかける [秋田県]

DSC07387.JPG

生憎、朝から雨が降り続き空が顔を出すことは無かった。

晴れ渡れば最高のロケーションの中で釣りが出来るが今回は叶わなかった。

DSC07432.JPG

紅葉も徐々に始まり、山は秋色に染まりつつある。

数日もすれば真っ赤に色付くだろう。

共通テーマ:趣味・カルチャー

ラストスパート [山形県]

DSC07147.JPG

東北の河川も禁漁間際。

渓流のラストスパート。

DSC07260.JPG

今年は複数での釣りが多かったが、久しぶりに一人の時間を満喫した。

目的は秋色に染まったヤマメに会うこと。

DSC07170.JPG

途中、とても大きなクマのフンを見た。

これまで何度も見てきたがツキノワグマでは最大級。

このフンの主はどれほどの個体だろうか。

DSC07246.JPGDSC07240.JPG

雑多な日々を忘れ、夢中にルアーを投げる。

ポイントごとにイワナとヤマメが顔を出しアングラーを陶酔させていく。

DSC07145.JPG

DSC07129.JPG

サイズでは心残りがあるが、この時期らしい魚に多く出会えた。

共通テーマ:趣味・カルチャー

BANNKA [山形県]

DSC06964.JPG

少し足を延ばして山形の渓流へ。

前日からの雨がどう影響しているか不安はあったが、落ち葉は流れてくるものの濁りは入らなかった。

DSC06980.JPG

全体的にはヤマメの魚影が濃く、ここぞというポイントでは2~3匹が奪い合うようにルアーを襲った。

個体差はあるものの、少しずつ婚姻色が入り始めシーズンも終盤に差し掛かってきた。

DSC06987.JPG

河川でトラウトが楽しめるのも残り僅か。

少しでもコンディションの良い魚に会えるよう、限られた時間を有効に使いたい。

DSC06929.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

BEAT~鳴かない蝉~ [福島県]

1.JPG

もう8月も下旬に差し掛かるところ。

蝉が最後のBeatを奏でている。

蝉の寿命は成虫になると僅かな時間となる。

その僅かな時間を体の大きさにはそぐわない大音量で鳴いている。

人間だって限界の大声で叫び続ければ死んでしまうのではないかとも思う。

そう考えたら、もしかしたら蝉は鳴かなければ生き永らえるのではないかと思った。

2.JPG

一見朽ちたとも思える木でも次の命を支える役割を担っている。

びっしりと樹皮を覆ったコケは、まるでフカフカの絨毯のようだ。

3.JPG

サイズは出ないが、サイトで見れる楽しみを堪能した。

プールでのミノーイングは特に面白い。

魚の本能が触発されて、ミノーに追尾していく光景はルアーを操る者を興奮させ一瞬の幸福を体感させてくれる。

4.JPG

ネイティブトラウトが楽しめるのも残り僅か。

少しでも現場に立ち、フィールドからの声を聞いていたい。

1503321001145.jpg

共通テーマ:趣味・カルチャー

BUMP~中禅寺湖~ [栃木県]

DSC06625.JPG

結婚式も終え、落ち着いたところで今年初の中禅寺湖へ。

開始から小さな当たりが続き、フッキングさせると50cm前後が数尾、30~40cmの小さいのが2尾釣れた。

DSC06633.JPG

相変わらず中禅寺湖のトラウトはヒレが大きく、魚体が美しい。

この日は先輩が釣った70cmが最大となった。

DSC06610.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

翔る時~那珂川水系~ [那珂川水系]

1.jpg

激タフリバーで遡上鱒を釣り続けることは容易ではない。

有望河川の遡上数と比較したらどの程度なのだろうか?

数十分の一、数百分の一、それ以上か。

常に少ない水量に加え、色々な悪条件が重なるこの河川において中・上流域まで遡上してくれる個体は貴重。

IMG_20170701_122400 - コピー.jpg

今年も地元の河川に専念すると決めて挑んだ。

他の河川の好釣果は聞くが、脇見はしない。

自分で決めたことには腹を決めている。

結果を出すのは簡単ではないが、挑戦する価値がある。

自分の中だけで完結する価値。

それをこれからも追い求める。

DSC06304 -.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

昇る時~那珂川水系~ [那珂川水系]

DSC06128.JPG

昨晩、一時的に雨が強く降ったが水位は大して上がらなかった。

状況はいつも通りといったところだが、日が昇り切ったところでようやくヒット。

32㎝の戻りヤマメ。

サイズは小さいものの、活性が良かったのかフロントフックをガッツリとくわえ、ファイトを十分楽しませてくれた。

DSC06138.JPG

リリースして数投すると今度は50ちょいのニゴイ。

その後、鮎師も多くなってきたのでここで納竿。

DSC06100.JPG

川辺は羽化した昆虫であふれている。

季節の変化を見られるのも釣りの楽しみだ。

共通テーマ:趣味・カルチャー

遡る時~那珂川水系~ [那珂川水系]

DSC06066.JPG

昨晩から雨は降っているものの朝の時点では水位に変化はなかった。

ポイントに到着すると思っていた以上に濁りが強い。

少し上の支流が大分濁っていたようだ。

ルアーが視認できるのは表層から見て30cm程度。

魚のすぐそばを通さないとルアーは視界に入らない。

ファーストアプローチ。

立ち位置と流すラインを考える。

1投目、流れの一番きつい所、2秒待たずにヒット。

遡上するタイミングで目の前にルアーが現れた格好になったのだろう。

サイズは前回と同様、尺程度。

予定があるため早朝のみ、この1尾で納竿。

これから梅雨に入ってまとまった雨が降れば状況は上向くだろう。

DSC06057.JPG

戻りヤマメ~那珂川水系~ [那珂川水系]

DSC06035.JPG

この時期は田植えのため取水量が多く、例年通り渇水していた。

しかし、昨晩からの弱雨で少しだけ条件が上向くように思え、早朝から竿を振った。

水位は上がっていないが、マスの跳ねも見えて活性は良さそうだ。

1投して数歩下がり、また投げるを繰り返していると手前のかけ上がりでヒットした。

サイズは30.5cmと小さいが、魚の反応があったことは嬉しい。

このまま1日通せば、追加出来るかもしれないが都合もあって朝の内に切り上げた。

DSC06046.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

3/12マブナ釣り [茨城県]

DSC05954.JPG

3月に入ると厳しい寒さが和らぎ、少しずつ暖かい日が続くようになってきた。

これからの時期はコイ科の魚は乗っ込みに入り、春の訪れとともに小川や野池は騒がしくなる。

IMG_20170312_151322.jpg

この日は茨城の人気ポイントで竿を出した。

何組か大会を開いていたようで、到着した12時ごろにはホソの周りは釣り人で埋まっていた。

そのため、空いているポイントをランガンしながら探っていった。

IMG_20170312_162729.jpgDSC05963.JPG

ホソの端の方はあまり攻めらていなかったようで、2時間で60匹程度の釣果があった。

風も弱く、暖かい日差しの下で気持ち良く釣りが出来た1日だった。

共通テーマ:趣味・カルチャー

2/11東京湾ボートシーバス [神奈川県]

DSC05933.JPG

毎年恒例で1月に東京湾のボートシーバスを楽しんでいたが、今年は悪天候で出船出来なかった。

そこで改めてスケジュールを合わせて行って来た。

1日ジギングで通したが数釣りは楽しめた。

DSC05931.JPG

3人での釣行で全員が二桁釣果。

時期もあってサイズは出せなかったが、風・波ともに穏やかで良い釣り日和となった。

共通テーマ:趣味・カルチャー

1/3 2017年初釣り [茨城県]

DSC05877.JPG

2017年、初釣りは茨城のサーフへ。

ここ数年のヒラメブームは凄いようで、それほどメジャーポイントでは無いにも関わらず釣人が砂浜にずらりと並んだ。

DSC05878.JPG

波は穏やかで、濁りも無い。

鵜も所々飛んできて雰囲気は良い。

そんな中・・・今年の一匹目は・・・ソゲ・・・

残念ながら良型はヒットしなかったが、魚の反応があったのは有難い。

ショウジンガニ.JPG

朝日が昇ったところで風が強くなってきた。

サーフは見切りをつけ、近くの漁港へ穴釣りへ。

テトラの隙間にブラクリを落とすとショウジンガニが良く釣れた。

水温はまだ高いようでフグの猛攻もあった。

DSC05892.JPGDSC05891.JPGDSC05895.JPGドンコ.JPG

ドンコだけ持ち帰り、煮つけにして食べた。

初めて食べたが柔らかい肉質で、癖がなくとても美味しい。

今度はドンコ汁など他の料理で食べてみようと思う。

共通テーマ:趣味・カルチャー

11/27第1回KFCカップ~in那須白河フォレストスプリングス~ [福島県]

1480511534949.jpg

KFCメンバーで5人以上が集まるのは今回が初めて。

KFC= 黒磯フィッシングクラブの略称でケンタッキー・フライド・〇〇〇では無い。。。

みんなスタイルがバラバラなので、これまで集まる機会を作れずにいた。

今回は、管理釣り場であれば集まりやすいであろうと那須白河フォレストスプリングスへ足を運んだ。

DSC05834.JPG

ただ集まるだけではつまらないと考え、優勝カップを作って臨んだ。

ルールは魚種を問わず最長サイズを釣った人が優勝。

私自身、10年近く管釣りに行っておらずどれくらい釣れるか心配だったが、その心配はすぐに払拭された。

DSC05821.JPG


12:00~釣りを開始したが、すぐに全員が魚をキャッチ出来た。

ミノーへの反応も良く、コンディションは抜群だ。

蓋を開ければ、全員が2桁釣果で終えられた。

DSC05846.JPGDSC05851.JPG

久しぶりの管釣りだったがみんな満足して竿を振るうことが出来た。

ロケーションはもちろん、売店やレストランなどの施設も充実していて申し分ない。

この調子だと第2回KFCカップも管釣りになりそうだ。

DSC05852.JPG

釣った魚は居酒屋さんで捌いてもらい、刺身やちゃんちゃん焼き、グラタンにしてもらった。

魚の状態は大変良く、美味しく食べられた。

DSC05860 (2).JPGDSC05862 (2).JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

11/13牡鹿半島~ロックフィッシュ~ [宮城県]

DSC05767.JPG

大型ロックフィッシュを狙いに牡鹿半島へ。

沖は少しうねりがあるようで、ポイントを選べば出船できる状態。

船長の判断で入れるポイントを選んで攻めて行った。

①.JPG

若干、濁りがあるため全体としては反応が鈍いもののコンスタントに釣り上がる。

根に潜るパワーは強烈でアイナメ特有の力強いファイトを堪能出来た。

DSC05709.JPG

この時期のオスは黄金に体色を変え、より美しくなる。

ファイトだけではなく、見た目でも楽しませてくれる。

DSC05736.JPGDSC05771.JPG

牡鹿半島の島々が紅葉で赤く染まり、秋が深まっていくのが分かる。

最高のロケーションで釣りが出来るのは本当に幸せなことだと思う。

今回、乗船した船の船長は若いながらも細かなところまで気を配ってくれる親切な人だった。

日本各地、色々な船長に会って来たが、ここまで気づかったサービスを受けたのは初めてだ。

恐らく、この地域のガイド船として未来を背負って立つ人材なのだろう。

次回も来ることが出来たら是非乗せてもらおうと思う。

DSC05774.JPG

アイナメは煮つけも旨いが刺身も旨い。

日本酒との相性は抜群だ。

自然の恵みに感謝しつつ、これからも竿を振り続けたい。

DSC05797.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

10/29ヒラツメガニ釣り [茨城県]

IMG_20161029_060732.jpg

この日は、友人と茨城のサーフへ向かった。

狙いはヒラメ。

しかし強風・波浪・高波注意報の中、竿を振るうものの反応は無い。

そこでヒラツメガニ釣りに変更。

DSC05669.JPG


カニ網にアジのブツ切りを付け、海へ投入。

間もなくすると、網に引っ掛かったカニが釣り上がった。

DSC05662.JPGDSC05683.JPG

20匹程度釣ったところで納竿。

近くのステーキハウスで昼食を取って帰路に着いた。

DSC05688.JPG

ヒラツメガニは素揚げとみそ汁にしたが、熱燗との相性はとても良かった。

DSC05696.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー
前の15件 | -