So-net無料ブログ作成
検索選択

7/13与那国島釣行 その3 [沖縄県]

1469195846867.jpg

いよいよ釣行最終日。

明日は午前の便で島を発たなければならない。

しかし、ここまで来たのだからどうしても海に出たい。

その一心で出船してくれる船を見つけた。

ただ、波が高すぎて沖には出られないため島の近くで竿を出すことになった。

DSC04629.JPGDSC04699.JPGDSC04606.JPG
【タテシマフエフキ】

最初に顔を出してくれたのはタテシマフエフキ。

この日はタテシマフエフキが良く釣れ10数匹釣れた。

DSC04613.JPG
【アモンガラ】
DSC04653.JPG
【メガネハギ】
DSC04647.JPG
【ヤセアマダイ】

波が高いだけではなく、潮の流れも速く釣り辛い状況が続く。

水深は20m~50mを探ったが120号の重りでも底が取れない状況。

元々、こういう釣りをするためのタックルは持って来て無かったため苦戦したが、取れる当たりだけでも拾えるように集中した。

タテシマフエフキの他はエサ取りの当たりが多く、アモンガラやメガネハギ、ヤセアマダイ等が釣れた。

DSC04691.JPGDSC04667.JPGDSC04680.JPG
【シロダイ】

時間が経つにつれ潮が穏やかになってきた所でシロダイがヒット。

水深50mからの手巻きなので、十分に引きを楽しむことが出来た。

DSC04742.JPGDSC04764.JPGDSC04766.JPG
【シロブチハタ】

今日は波と風、そして速い潮流で難しい釣りだったが楽しく過ごすことが出来た。

船長は『釣らせてあげられなくてごめんね』としきり言っていたが、この状況で出船してくれたこと自体を有難く思う。いつもの与那国の海はこんなものではないから余計にそう言ったのだろうが。

中々、ここまで来ることは出来ないが次回こそはカジキマグロを釣りたいと思う。

DSC04814.JPGDSC04805.JPGDSC04808.JPG

船を降り、宿で夕食を食べた後、近くの砂浜へ。

何処に行っても海は美しく、夕日に照らされた海面はより一層美しく見えた。

世界の広さから見れば日本の国土は小さいかもしれないが、北海道から沖縄まで様々な景色の中で多種多様な魚に出会うことが出来る。

これからも未だ見ぬ魚に想いを馳せ、竿を振り続けたいと思う。

DSC04823.JPGDSC04825.JPGDSC04827.JPG
nice!(103) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 103