So-net無料ブログ作成
静岡県 ブログトップ

怪魚の王様〝シーラカンス〟 [静岡県]

0014.JPG
009.JPG015.JPG
【シーラカンス 沼津港深海水族館】
生きた化石とも称されるシーラカンス。
何と3億5000万年前から変わらぬ姿とのこと。
沼津港深海水族館で剥製にされた物を見て来たが
圧倒的な存在感があった。


ほぼ全ての生物は突然変異・変化を繰り返し
気候変動に順応しようとする。

ここで気候の変化に対応出来ない種は衰退し
最終的には絶滅する。

地球上に生物が誕生して以来、無限に繰り返されてきた
ことであるが、このシーラカンスは逆をいっている。

変わらぬことで永続しているのだ。
もちろん、深海という変化の少ない場所に
生きているという部分はあるが、一つの最終形態
なのかもしれない。

人間はこの数百年で急速な変化(生活面)を遂げた。
しかし、その代償として多くの種を滅ぼし、気候変動を
もたらすほどの自然破壊を繰り返している。

変わらないことで生き続けるシーラカンスとは真逆の方向
に進んでいるように思える。

005.JPG002.JPG003.JPG004.JPG
022.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー
静岡県 ブログトップ