So-net無料ブログ作成
福島県 ブログトップ

BEAT~鳴かない蝉~ [福島県]

1.JPG

もう8月も下旬に差し掛かるところ。

蝉が最後のBeatを奏でている。

蝉の寿命は成虫になると僅かな時間となる。

その僅かな時間を体の大きさにはそぐわない大音量で鳴いている。

人間だって限界の大声で叫び続ければ死んでしまうのではないかとも思う。

そう考えたら、もしかしたら蝉は鳴かなければ生き永らえるのではないかと思った。

2.JPG

一見朽ちたとも思える木でも次の命を支える役割を担っている。

びっしりと樹皮を覆ったコケは、まるでフカフカの絨毯のようだ。

3.JPG

サイズは出ないが、サイトで見れる楽しみを堪能した。

プールでのミノーイングは特に面白い。

魚の本能が触発されて、ミノーに追尾していく光景はルアーを操る者を興奮させ一瞬の幸福を体感させてくれる。

4.JPG

ネイティブトラウトが楽しめるのも残り僅か。

少しでも現場に立ち、フィールドからの声を聞いていたい。

1503321001145.jpg

共通テーマ:趣味・カルチャー

11/27第1回KFCカップ~in那須白河フォレストスプリングス~ [福島県]

1480511534949.jpg

KFCメンバーで5人以上が集まるのは今回が初めて。

KFC= 黒磯フィッシングクラブの略称でケンタッキー・フライド・〇〇〇では無い。。。

みんなスタイルがバラバラなので、これまで集まる機会を作れずにいた。

今回は、管理釣り場であれば集まりやすいであろうと那須白河フォレストスプリングスへ足を運んだ。

DSC05834.JPG

ただ集まるだけではつまらないと考え、優勝カップを作って臨んだ。

ルールは魚種を問わず最長サイズを釣った人が優勝。

私自身、10年近く管釣りに行っておらずどれくらい釣れるか心配だったが、その心配はすぐに払拭された。

DSC05821.JPG


12:00~釣りを開始したが、すぐに全員が魚をキャッチ出来た。

ミノーへの反応も良く、コンディションは抜群だ。

蓋を開ければ、全員が2桁釣果で終えられた。

DSC05846.JPGDSC05851.JPG

久しぶりの管釣りだったがみんな満足して竿を振るうことが出来た。

ロケーションはもちろん、売店やレストランなどの施設も充実していて申し分ない。

この調子だと第2回KFCカップも管釣りになりそうだ。

DSC05852.JPG

釣った魚は居酒屋さんで捌いてもらい、刺身やちゃんちゃん焼き、グラタンにしてもらった。

魚の状態は大変良く、美味しく食べられた。

DSC05860 (2).JPGDSC05862 (2).JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

9/24いつの間にか [福島県]

DSC05427.JPG

いつの間にかトラウトシーズンも残り僅か。

地元の河川は禁漁期間に入ってしまったため福島の渓流を訪れた。

DSC05455.JPG

1か月振りの渓流だが、前回とは違いセミの鳴き声はもう聞こえない。

水の冷たさが夏は既に過ぎたことを教えてくれた。

DSC05456.JPG

この時期、産卵を控えた渓魚は最も美しくなる。

その婚姻色で染まった魚体を見るために竿を振った。

DSC05476.JPGDSC05515.JPG

この川は2年振りに歩くが、水量が多く予想以上に遡行に時間がかかった。

長期間に渡り雨が降り続いたため、山の保水量が多くいくつもの場所で流れが重なっていた。

DSC05491.JPGDSC05502.JPG

猪の足跡が数カ所で見つかった。

熊と猪の棲み分けが出来ている地域かと思ったが、ここ数年の変化で猪の生息域が拡大しているのだろう。

DSC05526.JPG

猿の食べた形跡だろうか。

中身の無い蟹とドングリが落ちていた。

DSC05532.JPG

2年前の曖昧な記憶のせいか流れが変わり違う川を歩いているかと思った。

大雨で渓相が変わったのも一因だろうが。

DSC05539.JPG

解禁から禁漁まで、始まればあっという間、終わってもあっという間。

いつの間にかシーズンが訪れ、終わり、また訪れる。

気がつけばいつの間にか時間は過ぎ去っていく。

共通テーマ:趣味・カルチャー

8/27雨の日の流れ [福島県]

DSC05377.JPG

連日の雨で予定していた水系の河川は濁流と化していた。

釣りを断念するべきか考えながら移動していると、さほど濁りの強くない川を発見。

いつもは細い流れで釣り上がることはしなかったが、このまま帰るのももったいなので入渓することに。

DSC05305.JPG

二人りで釣り上がったが程よい間隔で魚の反応があった。

水位が上がり、魚の活動範囲が広がったようで活き活きとルアーを追いかけてくる。

DSC05347.JPGDSC05322.JPG
DSC05365.JPG

暫くしても雨は止まないため途中で見切りを付け退渓。

帰り道にあった食堂で腹を満たし、この日は早めに帰路に着いた。
DSC05383.JPGDSC05386.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

8/9会津と言えばトマト [福島県]

DSC03186.JPG

会津の名産と言えばトマト。

出荷時期が7~9月のようで、あちらこちらで売られている。

トマトは美味しそうだが、川の状況はあまり良くない。

渇水していて魚がルアーを深追い出来ない感じ。

天候のことばかりはどうにも出来ないけど、一雨欲しいところ。

DSC03179.JPGDSC03176.JPGDSC03177.JPGDSC03190.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

9/21赤錆ヤマメを求めて [福島県]

DSC01852.JPG
【婚姻色をまとった山女魚】

関東地方はほとんどの河川で禁漁を迎えた。

そこで、9月末まで釣りの出来る東北地方へ。

この時期になると早朝の気温は1ケタ。

肌寒く感じる。

DSC01857.JPG

1投目から反応があり、各ポイントで魚の姿が見れた。

しかし、水量が多く釣り上がるのに一苦労。

人気河川のため釣り人が多く入っているはずなのだが、

この水量で断念したのか、魚の気配は濃い。

DSC01834.JPGDSC01889.JPGDSC01881.JPGDSC01835.JPG

途中、40cmクラスをフォールでヒットさせたが

バラしてしまった。

後悔しながら釣り上がると、

産卵モードに入りつつあるヤマメをヒット。

この時期になると顔つきが変わり、婚姻色が入ってより一層カッコ良くなる。

サイズも小さく、ギンギンに婚姻色が入っているわけでは無いが、釣れればやっぱり嬉しい。

DSC01874.JPG

カエルでも食べたのか、異様にお腹が出ていたイワナ。

仕事明けで釣りに来ていたため、お昼には納竿。

DSC01871.JPGDSC01822.JPGDSC01802.JPGDSC01867.JPGDSC01901.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

6/22渓流釣行 [福島県]

①.JPG
【ゴルジュ帯を抜けて】

今夏、初の渓流釣行。

同行者は、親分さんとG先輩。

本流をメインに狙う予定だったが、水量が多いため

支流で釣りをすることに。
②.JPG

サイズは小さいもののポイントごとに反応はあった。

残念ながら放流物しか釣れなかったが、人気エリアであるが故、

仕方が無いことなのかもしれない。
③.JPG④.JPG⑤.JPG⑥.JPG
⑦.JPG⑧.JPG⑨.JPG⑩.JPG⑪.JPG⑫.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー
福島県 ブログトップ