So-net無料ブログ作成
検索選択
宮城県 ブログトップ

11/13牡鹿半島~ロックフィッシュ~ [宮城県]

DSC05767.JPG

大型ロックフィッシュを狙いに牡鹿半島へ。

沖は少しうねりがあるようで、ポイントを選べば出船できる状態。

船長の判断で入れるポイントを選んで攻めて行った。

①.JPG

若干、濁りがあるため全体としては反応が鈍いもののコンスタントに釣り上がる。

根に潜るパワーは強烈でアイナメ特有の力強いファイトを堪能出来た。

DSC05709.JPG

この時期のオスは黄金に体色を変え、より美しくなる。

ファイトだけではなく、見た目でも楽しませてくれる。

DSC05736.JPGDSC05771.JPG

牡鹿半島の島々が紅葉で赤く染まり、秋が深まっていくのが分かる。

最高のロケーションで釣りが出来るのは本当に幸せなことだと思う。

今回、乗船した船の船長は若いながらも細かなところまで気を配ってくれる親切な人だった。

日本各地、色々な船長に会って来たが、ここまで気づかったサービスを受けたのは初めてだ。

恐らく、この地域のガイド船として未来を背負って立つ人材なのだろう。

次回も来ることが出来たら是非乗せてもらおうと思う。

DSC05774.JPG

アイナメは煮つけも旨いが刺身も旨い。

日本酒との相性は抜群だ。

自然の恵みに感謝しつつ、これからも竿を振り続けたい。

DSC05797.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

11/24金華山~ロックフィッシュ~ [宮城県]

DSC02161.JPG
【金華山エリア】

4年振りに宮城へ。

震災の少し前に1年半ほど住んでいたが、
中々、訪れる機会を作れずにいた。

久しぶりの宮城の海は変わらず綺麗で、
とても心が癒された。

DSC02127.JPG

今回のターゲットはアイナメやベッコウゾイ。

産卵シーズンで最も大型が期待できる時期。

DSC02125.JPGDSC02156.JPG

同行者はゆんぼとコム。

金華山周辺の島を攻めていったが、好ポイントばかりで
開始後すぐ全員がキャッチ出来た。
DSC02139.JPG
【ミズガレイ(正式名:ムシガレイ】

潮止まりで、狙いを変更。
やや水深のある場所でミズガレイを釣ることに。

この魚は翌日の晩飯になった。
煮付けも良かったが、塩焼きが特に旨かった。

DSC02145.JPGDSC02135.JPGDSC02126.JPGDSC02148.JPGDSC02132.JPGDSC02159.JPGDSC02120.JPGDSC02137.JPGDSC02150.JPGDSC02163.JPG

リアス式海岸でもまれた魚の引きは強烈。

サイズは全員が40up、二桁釣果となった。
50upやベッコウゾイは残念ながら釣ることは
出来なかったため、次までの宿題に。

DSC02162.JPG

共通テーマ:趣味・カルチャー

回想記 Green Shower [宮城県]

①.JPG
【緑に包まれた空間】

私が最も気に入っている風景写真の一つ。

これは宮城の渓流。

札幌から仙台に引っ越してきて一番最初に入渓したポイント。

魚影は濃く、山女魚や岩魚が遊んでくれた。

②.JPG③.JPG⑤.JPG④.JPG

渓流も良かったが、海も狙う魚種は様々。

特にロックフィッシュやフラットフィッシュを狙っていたが、

松島周辺は魚影が濃く、美しい風景を見ながら釣りが出来るため

とても魅力的な場所だった。

⑥.JPG
⑦.JPG⑨.JPG⑩.JPG⑪.JPG⑬.JPG⑭.JPG⑮.JPG⑯.JPG

余談だが、仙台港では稀に小型のクジラを見ることが出来る。

タンカーが入港出来る港は水深が深く、イルカや小型のクジラが

入ってくることがあるからだ。

私の経験だと、最高で20~30頭の群れを見たことがある。

とは言っても仙台港に限らずだがSOLAS条約で制限区域が

設けられている場所が多く、港内の最奥まで入れないこともよくある。

侵入した場合、海上保安庁や警察の厄介になるので注意が必要。

以前、外国のお偉いさんが来ていた際、東京湾のベイエリアで

ボートシーバスをしていたとき、根掛かりを外そうと制限区域

の岸に乗ったとき船長に冷静に怒られたことがある。。。

こういう時は海上保安庁の船がたくさん出ているからね。。。。

共通テーマ:趣味・カルチャー

回想記 レッドバンドの思い出  [宮城県]

156.JPG
【県境の川】

015.JPG
【レインボートラウト 60over】

レッドバンドの美しい氷雪の中の雄の姿。

数年前、私は仙台に住んでいた。

山と海が近く、狙う魚種は豊富だった。

017.JPG161.JPG157.JPG158.JPG

164.JPG


春夏秋冬、季節の移り変わりがはっきりと表れ

自然豊かな所だった。

もう4年近く宮城には行っていない。

震災後、私の知っているポイントのいくつかは

大きく形を変えているかもしれない。

何が変わって、何が変わっていないのか。

今年こそは、記憶の中のあの場所へ

再び足を踏み入れたい。


共通テーマ:趣味・カルチャー
宮城県 ブログトップ